喜縁

各二社は営業エリア担当を区分けしております。

D様邸

駐車場の奥の門壁は、導線をクランクさせる配置にして、さらに奥にあるお庭との空間を仕切りました。

フレームが立体的で締まった雰囲気を作り出しています。

アプローチとお庭には、石畳を演出する白い石材と植栽の緑でさわやかな仕上がりになりました。

S様邸

スタイリッシュな外観にあわせ、カーポート、門柱をシャープなデザインにしました。 玄関の位置を考慮し、アプローチの階段に広がりを与え、踏面と蹴上の素材と出幅を変えることで奥行き間と存在感を 演出しました。 一段目の階段を広くとり、車止めとしての役割をもたせ、カーポートの屋根も熱を遮りながら明るさを 確保する材料を選びました。機能的で明るいアプローチを作ることができました。 庭にウッドデッキを設置して、コーヒーを飲みながら、お子様の遊ぶ姿を見たいご主人の要望をかなえ、 お子様が遊びやすいように人工芝を敷き、プライベート空間を守るため、目隠しフェンスを設置しました。 明るく爽やかな印象の外構を作らせて頂きました。 大切な家族の時間をお庭で過ごしていただけると思います。

愛知県常滑市 M様

樹脂デッキの設置はしてありましたが、車道・歩道からの目線が気になり、

ウッドデッキで過ごすことに躊躇している状況でした。

木調のフェンスを配置しプライベート空間をより鮮明に区切り、木目が暖かな空間にします。

テラスをつけることにより、雨の日でもお庭を活用することができます。

愛知県知多市 S様邸

「子供たちが庭で遊べるようにしたい」と相談を頂き、外へ出る架け橋となるウッドデッキをご提案しました。

部屋からお庭への高低差が解消でき、お子様たちは気軽にお庭へと遊びに行けます。

休日はご家族とウッドデッキで食事を楽しんだり、友人を招いてバーベキューをしたりと、

お庭で過ごす思い出がたくさん出来そうです。

 

H様邸

お庭を暮らしの一部として使えるよう、贅沢にお庭いっぱいにタイルデッキを作りました。

リビングとお庭の行き来を邪魔していた高低差を少なくし、気軽にお庭へと出られます。

お子様の遊び場、お庭でママ友会、自宅でビアガーデン、、、楽しみ方いろいろなお庭ができました。

駐車場とお庭の導線に物置を設置し、兼用の収納スペースを設けました。暮らしがより充実します。

 

E様邸

駐車スペースを4台ほしい、プライベート空間として仕切りをしたお庭がほしいとご要望を頂きました。

角地を活用し駐車場を2箇所に分け、スペースを確保しました。

お庭には半目隠しフェンスと出入り口にスライド門扉を設置して、プライベート空間を分け、

リフォーム前に使っていたレンガを再利用させていただき、お庭に敷き詰め、思い出のあるお庭作りができました。

W様邸

建物と外構が溶け込み一つの空間となるよう仕上げました。

建物の色を邪魔しない木目調のフェンスと機能門柱を設置することで、建物と調和をとり、

アプローチにも木目調と同じ自然な雰囲気がでるよう石材を使用し、ナチュラルな雰囲気にしました。

駐車場とお庭を区切り過ぎず、使い易い導線で外構を作りました。

I様邸

ライフスタイルの変化による外構のリフォーム工事です。お子様の自転車を置くスペースを確保したい。さらに将来を見据えて、軽自動車が置けるスペースとしても使いたい。というご要望にお応えしました。 雨の日でも自転車の乗り入れが容易にできるよう、既設のカーポートと同デザインのカーポートを設置し、限られたスペースを最大限に活用できるよう、 カーポートの柱をお庭に配置しました。 趣味で使われるジェットバックが収納できるように、カーポートの柱を利用して枠組みを作り、オリジナルで棚を設置しました。

O様邸

駐車場拡幅の工事です。

車一台分のスペースを広げたいのですが、駐車場と玄関までに高低差があり階段のスペースが必要。防犯のため、門扉の設置が必要。

2つの条件をクリアして、限られたスペースを有効活用できる設計にしました。

門扉を開き扉から伸縮門扉に変えて、スペースを確保し、アプローチのコンクリートに石張りの柄を付けて、建物の雰囲気に合わせた外構に仕上がりました。

ページの上部へ